ダイレクトワン

どうしても返済期日までに間に合わない時は

 

カードローンを利用しているとどうしても返済が遅れてしまうという事もあるものです。
通常であれば問題なく返済が出来ているような状況でも、何らかの出費が重なったりすると間に合わない、金額が足りないという事があります。
そういった時は慌てず騒がず、まずはダイレクトワンへ事前に連絡をしておきましょう。

 

連絡をする際には嘘をつく必要も隠す必要もありませんので、ありのままの事を伝え、いつまでだったら返済が出来そうという事を伝えます。
よくある間違いとして少しでも遅れるとブラックリスト化してしまうという話もありますが、基本的に大きな遅れでなければそのような事はありません。

 

遅れたとしても問題なく返済を行えばブラックリストになってしまうという事はありませんので、遅れそうだからと他社から借りてダイレクトワンの返済にあてるなどの事はしない方が良いでしょう。
カードローンなどは返済のための借り入れを行うとそれこそ雪だるま式に借金が増えてしまうので、なるべく借り入れは増やさないようにする事が重要です。

 

ただ、返済が遅れる事で通常の利息に加えて、年率20%の遅延損害金という余計な利息が発生します。
そのため、遅れてしまった時の返済金額に対する利息負担というものが大きくなり、余分な負担が出てくる事になります。

 

利息の払いは利用者側からすれば無駄な出費でしかありませんので、更に余計な利息が発生する返済の遅れというのは出来れば避けておきたいものなのです。
遅れる前にしっかりと連絡を入れておけば会社や自宅に電話が来る事もなく、何らかの連絡事項でダイレクトワン側から携帯電話に連絡が来たときも、しっかりと電話に出ていればそれ以外に電話が来たりすることはありません。

 

遅れたからといって厳しい取立てというのも今では行う事が出来なくなっていますので、どうしても無理な場合は電話をして相談をしましょう。
その月はとりあえず利息分だけの支払いでOKとしてくれる場合もあるなど、業者側も相談に乗ってくれるので安心です。

 

返済が遅れると低金利の借り入れ先でも負担が大きくなるので、たとえ低金利のオリックス銀行カードローンでの利用であるとしても返済は遅れないのが基本となります。

 

借り入れが多すぎて返済期日の確認ミスによる遅れが発生してしまうようであれば、多くの借り入れをまとめるおまとめローンとしての借り方を考えてみるのも悪くはありません。